ラベル オアシス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル オアシス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年12月5日水曜日

『アルハイラト・ジャンビア』第1章_4

 最早やり過ごせぬと知った茂みの隠者はバラザフ達の前に姿を現した。暗殺者アサシンのようではあるが、先程バラザフに射掛けてきた弩と剣を帯びている他は意外と軽装で、暗殺の任にある者ではなさそうだった。
 アサシンという言葉には暗殺という想像が常に付随するが、敵国での情報収集、国内の民情把握、要人の警護、密書の遣いなどを任務とする。よって諜報を主な任務として担ったこの者は、暗殺者ではなく間者という言葉で置き換え得るのである。
 男は嗤った。
「囲まれたときは焦ったが、こんな小僧が長という事ならまだやりようはあるな」
「俺はバラザフ・シルバ。アジャリア様の傍で近侍ハーディルを務める者だ。お前の名を聞こうか」
 バラザフは顔色を変えず、まず名乗ってから相手を質した。
「見ての通りの間者アサシンさ。間者が名乗るわけがなかろう!」 
 男は力強く踏み込み突破してくると思いきや、その足で後ろに宙返りするように反転し、背にしていた水辺に飛び込んだ。男が着水する瞬間、一閃の刃が彼を追ってはしった。
 水面に淡い赤が滲み、もはや物言わなくなった男が浮かび上がってきた。男の首には短剣が突き刺さっていた。刃は逃げられると察知したバラザフが咄嗟に腰のジャンビアを抜いて投げつけたのだった。
 諸刃短剣ジャンビアとは男子が十四になると与えられる物で、自由と名誉の証であり常に携帯すべきものである。よってこれを敵に投げつけるという事は本来は在り得ないはずなのだが、極めて合理的なシルバ家の者としてバラザフも例外ではなく、名誉という形無き者を守るより敵の掃滅を無意識的に優先したのであった。
「未来を視る眼が欲しい」
 先程の矢は外れたが、あれに毒が塗られていたら今頃自分は泡を吹いて白目をむいて死んでいるところだった。そしてあの間者の動きの先が読めれば、急な動きに対処して生け捕りにも出来たはずだ。
 見事に間者を仕留めたものの、バラザフは生きたまま捕縛出来なかった事、相手の先が読めなかった事を後悔した。自他共に認める察知能力を誇っていたバラザフだけに、この事は彼の中にしこりを残すこととなった。

※ この物語はフィクションであり実在の人物団体とは一切関係ありません。

次へ進む
https://karabiyaat.takikawar.com/2018/12/A-Jambiya1-5.html

【創作活動における、ご寄付・生活支援のお願い】
https://karabiyaat.takikawar.com/2019/01/kihu.html

前に戻る
https://karabiyaat.takikawar.com/2018/11/A-Jambiya13.html

『アルハイラト・ジャンビア』初回に戻る
https://karabiyaat.takikawar.com/2018/11/A-Jambiya11.html

2018年11月30日金曜日

『アルハイラト・ジャンビア』第1章_3

 齢十五に至り成人の仲間入りをしたばかりの、バラザフは十名ほどの兵卒を従えていた。起伏の少ない土地に出来た砂漠緑地ワッハで休息を取っていたところである。
 兵卒達が武器を構え部隊に俄かに緊張が走った。水辺に居たサクルが飛び立つ羽音で警戒しての事である。
 バラザフ達はジャウフ近くの小さな集落に来ている。名をミーゴワという。集落の南に砂漠緑地ワッハが広がり多くの命を養っている。ジャウフとは“腹の張った谷”の意味を持つ。客人が腹を満たしても更に食べ物を勧める、住民の気前の良さを表しているともいえる。
 砂漠といえば通常、上に飛鳥なく下に走獣なく、という言葉で表現されるような不毛な積砂の地帯である、だがここは、そんな死の世界ではなく、狒狒ラバーハ野兎カワイド沙漠狐ファナカサクルネスルハダア他、様々な動植物がここで生きているのである。
「そう殺気立たなくてもいい。サクルが得物を見つけたんだろう」
 辺境であるジャウフのさらに辺境の集落である。敵が潜んでいるわけがない。
「暑いな……」
 左手で額の汗を拭いながら、バラザフは呟いた。
「だが、暑いからこそこんな水辺は本当にありがたい」
 バラザフ一行はこの辺境のジャウフを偵察するよう命じられていた。だが、彼の心には純粋にこの旅の日日時時を愉しむ余裕があった。日は南から少し傾いただけで、日暮れまではまだ時間があった。だが、ここからアジャリアの居るハラドまで南東にひたすら歩き続け約二週間、最寄のジャウフですら丸一日かかる距離である。
「今夜はここの集落で世話になるとしようか」
 バラザフ達が水辺を後にしようとしたとき、先程、鷹が飛び立った辺りから草葉が擦れる音がした。兵たちが再び武器を構える。
「誰かそこに居るのか!」
 茂みからは返事は無く、かわりに弩から放たれたであろう矢が空を裂きバラザフ目掛けて飛来した。すんでの所で半身を逸らし、矢はバラザフの頬をかすめていった。
「仕方がないな」
 バラザフの言葉の意図を解して、兵士達が茂みとその後ろの水辺を囲むように半円状に間合いを狭めてゆく。隊長であるバラザフを仕留め損なった今、この者が部隊の統率を乱した隙にのがれられる見込みは極めて低くなったといえる。

※ この物語はフィクションであり実在の人物団体とは一切関係ありません。

次へ進む
https://karabiyaat.takikawar.com/2018/12/A-Jambiya1-4.html

【創作活動における、ご寄付・生活支援のお願い】
https://karabiyaat.takikawar.com/2019/01/kihu.html

前に戻る
https://karabiyaat.takikawar.com/2018/11/A-Jambiya12.html

『アルハイラト・ジャンビア』初回に戻る
https://karabiyaat.takikawar.com/2018/11/A-Jambiya11.html