ラベル 翠玉 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 翠玉 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年12月25日火曜日

『アルハイラト・ジャンビア』第1章_6

 バラザフが心中、真に師であって欲しいと願うの相手は目の前のアジャリアなのである。だが君主であるアジャリアの弟子たる事はあまりに遠く儚い夢である。
 そんなバラザフの心の呟きを察するはずもなく、アジャリアは笑みを絶やさず続けた。
「確かバラザフは十五だったな」
「はい」
諸刃短剣ジャンビアはエルザフから貰ったのか?」
「然様でございます」
「そうか。遅くなってしまったが、わしからも重ねて贈りたい。受け取ってくれるな?」
「はい! 喜んで!」
 月並みな復讐と稀有な慈悲、という。敬愛するアジャリアから慈悲を受けて、バラザフの心は一気に天に昇った。アジャリアから賜った諸刃短剣ジャンビアは柄から鍔までが黄金で飾られ翠玉ズムッルド象嵌ぞうがんが施されていて、一目で実用ではなく宝物としての品である事がわかった。決してミーゴワで間者を仕留めたときのような使いかたをして良い物ではない。
 眼を輝かせて下賜された諸刃短剣ジャンビアを眺めているバラザフに、さらに待望の言葉をかけた。
「それを携えて初陣に出るがよい」
 アジャリア・アジャールとサラディン・ベイとは、数年に亘りブライダーからジャウフまでの領域をめぐって競り合っていたが、そろそろ決着を付ける頃であろうというのが、世人の大勢の見方である。
 バラザフがジャウフ近くのミーゴワで間者に遭遇したのが、それに絡んでの事だとしたら、そうした噂を裏付ける材料といえるのではないか。そうバラザフは思慮を巡らせてみたが、あえてアジャリアに確かめる事はしなかった。

※ この物語はフィクションであり実在の人物団体とは一切関係ありません。

次へ進む
https://karabiyaat.takikawar.com/2019/01/A-Jambiya1-7.html

【創作活動における、ご寄付・生活支援のお願い】
https://karabiyaat.takikawar.com/2019/01/kihu.html

前に戻る
https://karabiyaat.takikawar.com/2018/12/A-Jambiya1-5.html

『アルハイラト・ジャンビア』初回に戻る
https://karabiyaat.takikawar.com/2018/11/A-Jambiya11.html